フレームを選ぶ

Woman in an optician trying on eyeglasses with Hoya Vision lenses

フレームは自分の一部として見られるので大切です。

フレーム選びのポイントは、顔やその他の特徴を、その他の面を抑えて強調することです。 考慮すべきポイントは次の4つです。

顔型

フレーム選びにおける顔型は真っ白なキャンバスのようなものです。

コントラスト

フレームの型については、正反対のものが引き立つと覚えておいてください。フレームの型は顔型と対照的なものにすべきです。たとえば、丸顔の人であれば、スクエア型のフレームが最適です。

釣り合い

一般的に、フレームは顔のその他の部分と釣り合いが取れていなければなりません。これは、顔の広い範囲を覆って保護するために大きくなる傾向のあるサングラスの場合とは異なります。

カラー

多くの装用者は、肌、眼、髪の色を補完する色を選びます。自分の色と対照的なメガネは目立ちますので、メガネをどれくらい目立たせたいかを考える必要があります。

顔型について詳しく知る

Diamond shaped face outline

ダイヤモンド型の顔

ダイヤモンド型の顔はあごがとがって、ほお骨が張り、額が広いのか特徴です。この顔型の人は、奇抜でレトロなフレームやあごのラインとバランスが取れたフレームが似合います。

  • カラーフレームやテンプルに強烈なディテールがついているフレームは顔の下半分の印象を柔らげます。
  • クラシックなべっ甲や黒のキャットアイフレームは女性のダイアモンド型の顔の人に似合います。
  • ラップアラウンド・フレームはダイアモンド型の顔のバランスを取るのに適しています。男性のオプション
  • スクエア型のフレームはとがったあごとバランスが取れます。
Round shaped face outline

丸顔

丸顔 は、顔が縦にも横にも広く、あごやほおがふっくらしています。丸顔の人によく合う型は角度のついたスリムなフレームです。

  • 丸みのあるフレームは避けて、角度のついたフレームを選びましょう。スクエア型または四角形のグラスが最適です。
  • 顔よりも幅の広いフレームを選びましょう。顔の輪郭が少しくっきりします。
  • 装飾のついたテンプルもフレームのアクセントになり、顔の輪郭をくっきりと見せます
  • 男性は、ダークカラーを選ぶと男らしさを保ちながら顔の輪郭をくっきりと見せます。
  • ウェイファーラースタイルは男性にも女性にも理想的で似合います。
Square shaped face outline

四角顔

丸顔と同じように、 四角顔の人も顔が縦横共に広いです。しかし、あごが大きく下あごの輪郭が太くより角ばっています。丸みを帯びたフレームか、アビエーター型のフレームがぴったりです。

  • 顔の輪郭がはっきりしている方であればより大きなメタルフレームをお求めください。小さなフレームや中くらいのフレームは繊細な感じの顔に似合います。
  • しっかりしたリムのついた楕円や丸型のフレームも四角顔によく似合います。
  • 顔型にソフトな印象を与えようとしているのなら、正面に重いディテールは避けてください。
  • 柔らかい印象を保つためにテンプルや先セルにディテールがたくさんついたものも避けましょう
  • 女性は、しっかりしたあごに柔らかい印象を出すためにバタフライ型フレームが合います。大きなバタフライフレームはとても女性らしい印象をつくります。
Oval shaped face outline

面長

面長の顔は横よりも縦の方が長く、あごは丸みを帯び、ほお骨が高い位置にあります。面長の顔はたいていのフレームが似合いますので、最新のルックにも恐れずにトライしてください。

  • 顔の輪郭をはっきりさせるために、中くらいから大きめのウェイファーラーフレームでスタイリッシュに装ってみましょう。
  • 大きなフレームはほお骨をはっきりと見せるため、顔の輪郭を補います。
  • ディテールのついたテンプルはこめかみを強調して、顔の輪郭をはっきりさせます。
  • より繊細なデザインがお好みなら、メタルフレームがスクエアー型フレームの印象をやわらげてくれます。
  • スクエア型フレームを選ぶ場合は、くれぐれもテンプルが顔のかなり低い位置に行かないようにしてください。顔が一層長く見えてしまいます。