眼のしくみ

眼の構造

眼は人が行なうほとんどすべてに重要な役割を果たしています。  周囲のものをどのように見ているかの理解が 人の眼のしくみの理解を助けてくれます。

 

人の眼は数多くの要素で構成されています。その主なものを紹介します

瞳孔

光を入れることができる眼球の真ん中の黒い部分。

虹彩

瞳孔を通る光の量を調整する眼球の色がついた部分。

強膜

眼の白い部分。

結膜

眼にうるおいを与え眼を保護する、まぶたと眼球を結ぶ薄い組織層

角膜

虹彩と瞳孔を保護する透明なドーム状の膜。角膜は水晶体と共に光を曲げ(屈折させて)目の奥にピントを合わせます。

水晶体

虹彩の背後にある透明なディスク状の組織。

網膜

数百万の光受容細胞(光を電気信号に変えるセンサー)をもつ目の奥にある組織。これらの信号は視神経を通って脳に送られ、脳はこれを処理して像をつくります。

黄斑

網膜の中央視覚にある小さな斑で視覚の中心的な部分を担っています。

硝子体液

眼の内腔をうめるゼリー状の物質で、眼の形状をつくります。

視神経

網膜からの信号を脳に伝える目の奥にある神経。

房水

虹彩と角膜の間の空間を充たす透明な液。眼圧を保つと共に、眼球の丸い形をつくります。

Hoya Vision eye anatomy eye animation

人の視覚は複雑な相互作用の結果なのです。

眼の構成要素は繊細なシステムの中で微調整されます。次のページで、ものを見ることができるよう、目のそれぞれの構成要素がどのように連動して働いているかをご覧ください。

視力のしくみ