沿革

Hoya corporation building

先駆者が歴史をつくる

Hoya株式会社は 1941年、東京・保谷町で先見の明をもつ山中正一、茂兄弟により創立されました。 元々光学レンズの小さなメーカーであった 会社は、ヘルスケアと情報技術の新進分野に商機を見出しました。

現在、Hoyaの技術は医療用カメラレンズ、Blu-rayプレーヤー、 スマートフォン、コンピューター、テレビにも用いられています。 Hoyaは75年以上にわたり 技術革新に対する献身を原動力に、市場に最高のメガネレンズを提供するための最先端技術を活用してきました。

Learn more

1941年ー山中兄弟が創業。

1958年 – Hoyaはレンズプレス材料メーカーと共にメガネ事業に着手。

1962年 – Hoy初のオリジナルレンズ「NEO」を販売。その紫外線保護および防眩特性、収差のない新しいカーブ設計が好評を博す。

1970年 – サンフランシスコに初の米国オフィスを開設。

1974年 – タイのパトゥムターニーに海外初のレンズ製造工場をオープン。

1984年 – 商号をホヤ(株)に変更し、主要事業分野を「ガラス」から「光」(光学)にシフト。

1987年 – HOYA初の眼内 (IOL)レンズを発売。

1991年 – HDD用ガラスディスク製造に着手。

2001年 – 高屈折プラスチックレンズ素材、EYRY(アイリ―)を用いたHOYALUX Summit ProとNuLuxを発売。HOYA初のソフト眼内レンズを発売。

2007年 – ペンタックス株式会社がHOYAの連結子会社となる。

2008年 – ペンタックス株式会社と合併。Hoyaは現在、IT、アイケア、PENTAX(ライフケアおよび映像関連商品)の3つの分野で事業を展開しています。

2010年 – Hoyaヘルスケア(株)がHOYA(株)のアイケア事業部となる。HOYAアイケア事業部は現在、エレクトロニクス、映像関連商品、ヘルスケア、メディカルの事業分野で展開しています。