(finns 2 varianter)

Premium Freeform Progressive(プレミアムフリーフォーム累進レンズ)

ダイナミックな環境のための包括的なソリューション

従来の累進レンズとは異なりPremium Freeform Progressive(プレミアムフリーフォーム累進)レンズは内面フリーフォーム技術を用い、レンズの内面に累進面を置いているため  より幅広い視野を提供します。

Hoya Visionの Premium Freeform Progressive(プレミアムフリーフォーム累進)レンズを使うと、他の内面設計レンズよりも少ない目の動きで近方のものをクリアに見ることができます。  時間の制約の厳しい環境で常に動き回っている現代的なライフスタイルの方に最適です。

次の2つのタイプをご用意しています。

Premium Back Surface Progressive(プレミアム内面累進レンズ)  – EasyScan(イージースキャン)、 QuicFocus(クイックフォーカス)技術を採用。視力に応じて異なるデザインを提供しているため、遠方でより広いクリアな視野を実現します。 

Quality Back Surface Progressive(クオリティー内面累進レンズ)  – 視野を広げ、不快なゆれやゆらぎを軽減し、自然な頭の姿勢を保つためにEasyScan(イージースキャン)技術、 QuicFocus(クイックフォーカス)技術を採用。

以下のような長所があります。

従来のレンズや内面累進レンズと比較して広い視野と少ない収差

累進レンズにつきものの不快なゆれやゆらぎの軽減

自然な頭の姿勢

遠くから近くに、近くから遠くにすばやくピント合わせ

クオリティー内面累進レンズ

Quality Back Surface Progressive(クオリティー内面累進)レンズは、 遠方から近方、あるいはその逆に視線を移す時のスムーズな移動を実現するため、二焦点レンズや多焦点レンズの限界を取り払っています。

Quality Back Surface Progressive(クオリティー内面累進) レンズは不要な非点収差を削減することにより全領域の鮮明さを向上させるため、Transmission Based Modeling (TBM) 技術を採用。TBM技術を通してレンズ周辺で同じものを見る時のゆがみを最小限に抑えることによりより優れた視界のバランスが保証されます。

以下のような長所があります。

視線を移す時の自然な移動

二焦点レンズ、三焦点レンズよりも優れた性能と外観

Hoya Vision regions worldmap

自分の地域のこのレンズの名称は?

HOYAはグローバル企業ですので製品ラインナップや製品名は地域により異なります。 

お住まいの地域の店舗を探すにはこちらをクリック